O脚の治し方 治療編1

O脚の進行が進むと、日常生活の中で矯正するというのにも限界が出てきます。 O脚の治し方を調べるにしても、正しいかどうかの判断を行なうのが自分自身では、少々不安になる事でしょう。 ですので、もしあまりに酷いO脚だと思ったら、思い切って病院やマッサージ治療院へいくのも手です。 特にマッサージ治療院は、マッサージや矯正の為の幅広い知識を持った方がいるので、かなり大きな効果が期待できるでしょう。 ただ、そういった機関に赴く前に、まずやっておく事があります。 自分の状態を把握する事です。 もちろん、O脚であることは確かなのでしょうが、どの程度のO脚で、どの場所が同ゆがんでいるかというのを事前にチェックしておけば、マッサージ治療院などに言った際にも話がスムーズに運ぶでしょう。 O脚の治し方の一環と考え、どこがどう変形しているかを確認しておきましょう。 まず、O脚のタイプがどれなのかを確認します。 骨盤が開いているタイプなのか。 足首が歪んでいるのか。 膝が歪んでいるのか。 身体そのものの中心が歪んでいるのか。 これらが複合している状態なのか。 こういった点を留意しながら、O脚なのか、X脚なのか、OX、XO脚なのかという事をまず頭に入れる必要があります。 自分の歪んだ脚を念入りにチェックするという行為は、あるいは屈辱的かもしれません。 しかし、それを行い、自分がどれだけ脚を歪めてきたのかと自覚する事で、O脚の治し方に対しても強い決意で調べる事ができるし、マッサージ治療院へ通う場合でも、根気強く通う事ができるでしょう。
スポンサーサイト
ブックマークに追加する

« | トップへ戻る |  »

脚について

脚は時として第二の心臓とも呼ばれ、立位時重力に従って下方向へ体液が流動することに因って引き起こされる体液停滞むくみを、脚の血管周辺の筋肉の運動によって上部へ押し返し再び循環系に戻す事を行っている。
押し返す行いは脚を使った運動、歩行や走行などにより促進されるため、運動は全身の血の巡りを良くする効果が望める。
脚は体全体を支え日常的に頻繁に使われる部位であるため、体の中でもっとも頑丈にできている反面、筋力の消費するエネルギーが大きく、使用しない時の退化が激しい。

日頃から昇降運動などで膝周辺の筋力を鍛えておく事は老後の健康にも有益である。加えて言うなら腿部の消費エネルギーが大きいために運動効率もよく、糖尿病罹患者、高脂血症や高血圧の運動治療を行う人のみならずダイエットを志す人にも、脚を動かし鍛えることは広く推薦できる。

人の脚の形状として内反膝、外反膝などがあり、それぞれ一般的にはO脚(おーきゃく)、X脚(えっくすきゃく)と呼ばれている。
病的なものや遺伝の要素は少なく癖とも言える個人差の範囲だが、矯正し修正することもできる。内反膝や外反膝は脚のアンバランスな使用であるため将来変形性膝関節症等の膝の病気を引き起こす原因にもなり、気になるようなら専門家に相談することを勧める。

wikipediaより)

ブックマークに登録
ブックマークに追加する
最近の記事
カテゴリー